2018年03月15日

    父親を殺したくなった自分へE

    兄から来たメールも、紙の手紙も、メールのやりとりの後に廃棄したので詳しくは覚えてないのだけど、印象に残っているのは、「実家に引きこもっている、歪んだ憎しみのこもった文章は信じられない」という内容だったと思う。

    信じられないのは、私の人徳のなさか、あるいは、憎しみの強さか。勝手に鉄骨を組んで、太陽光パネルが台風でぶっ壊れるという事件自体が、そもそも非現実的と言えるのかもしれないが、太陽光パネルが壊れたのは、事実だ。

    そして、私が殺したいほどに、父親を憎んでいるのも事実だ。しかし、兄は、私の社会経験のなさとか、ニートである部分を責めている論調であった。それは、否定できない部分かもしれない。

    しかし、それらを踏まえた上で、今後、同じ事件を起こさないために、苦渋の決断で送った文書であることは伝わらなかったようだ。そのように書いたかどうかは、覚えていない。

    兄への不満もあった。太陽光事件とは関係ないが、メールの罵倒合戦の間に、そのことも伝えた。謝罪して欲しいと。




    スポンサーリンク
    posted by ジャンプ創造神。 at 17:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。